スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高橋名人の冒険島 

私がファミコンで3本目に買ったソフト。

以下、Wikipediaより抜粋。

すさまじい難易度として知られ、子供たちの間では当時クリア不可能とも言われたほどのゲームとして、話題になる。この難易度や、同じステージが敵の配置等を変更しただけで何度も出てくるなど、飽きの要素が強いため、クソゲーの烙印を押す者も多い。その一方で、手応えを求めるアクションゲームのマニアからは、高評価を得ているゲームでもある。

高橋名人が「ゲームは一日一時間」と謳っていたが、それを守っていては到底クリアできる代物ではない(なお、このゲームにはセーブ機能がなく、高難易度にさらなる拍車をかけることになる)。このゲームも例外でなく、ユーザーのことを考えない超難易度ゲームは、このファミコン初期時代に多数存在する。

本作では特に、ワールド8-3の終盤に登場する連続リフト&コウモリは、通称「3匹のコウモリ」と称され、このゲームの中で極悪の難所を誇る(ゲームセンターCXでは、このゲームの攻略に挑戦したAD浦川瞬が、「3匹のコウモリ」突破だけに9時間もかかり、全面クリアには、計28時間もかかった)。その難易度のためか、2,3と続編が出るにつれ、難易度は劇的に抑えられている。




その通り!
当時は激ムズのため、6?1ぐらいまでしか行けませんでした。。。
上記にあるように、当然、時間制限のため。。。
1時間しかしちゃいけないゲームでクリアは不可能です!
今のゲームは当たり前のようにパスワードコンテニューがありますからね。

最近、エミュでやり直したのですが、ゲームセンターCXでも
AD浦川が攻略に9時間かかった8?3の3匹のコウモリでギブアップ。
あそこをクリアしエンディングまで行ったAD浦川(・∀・)チゴイネ!

スポンサーサイト
[ 2007/04/30 02:59 ] エンタメ | TB(0) | CM(3)
[ 2011/12/07 11:06 ] [ 編集 ]
[ 2011/12/25 20:10 ] [ 編集 ]
[ 2012/01/10 05:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

43

Author:43
43のBlogへようこそ!

見たログ
Skype!

My status

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。