スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SHINJO伝説ではなく新庄伝説 

SHINJO伝説

ここに載っていないスゴイ伝説を私は目撃しています。

清原の幻のホームラン。
私はこの時、ライトスタンドにいました。
清原の打球は間違いなくセンターバックスクリーンに突き刺さりました。
まさに、あ”???はいっても???た???、という感じでした。

が、しかし!

新庄は跳ね返ってきた打球を、何事もなかったように処理し、
矢のような送球をセカンドに返しました。

清原は、あれれ???ホームランちゃうんけ???という素振りを
見せつつも、なぜかセカンドでストップ!!!
# ここでベースを回っていれば誤審もなかったかも

そう、ホームランが2ベースになった瞬間です。
新庄の確信犯的演技が誤審を生みました。

いい悪いは別として、伝説は伝説です。
# ここのページにも詳細が載っていました

SHINJO伝説ではなく新庄伝説



新庄と言えば守備。
あの広大な甲子園の外野をもろともしない守備範囲。
他の選手であれば全く届かないであろう打球を、
楽々キャッチしてしまう。

あの頃、阪神がダメ虎だった頃、
新庄の守備を観る為に甲子園に足を運んだ、
そう言っても過言ではありませんでした。

オマリーの怪我で回ってきた初の1軍。
初スタメン、初打席初球に初ホームラン。
あの時は本当に驚いた。
誰もがミスタータイガースがようやく現れた!と思っていました。

が、そこから新庄はミスタータイガースになることなく
阪神を去っていきました。

が、そんな新庄も、日ハムの救世主。
そして、今や、長嶋顔負けのミスタープロ野球。

ま、色々ありましたが、お疲れ様!
まだ34歳。
阪神時代はずっと上だと思っていたけれど、
たった6歳しか違わないんですよね。。。

今以上にテレビで活躍しそうで、
全く寂しいとかいう気持ちはありませんけれど(^^;)

そういや、1998年。安芸での秋季キャンプに訪れた際、
練習後の新庄は、ファンのサイン攻めを無視して帰っていったっけ。
ホント、欲しかったなぁ。。。(^^;;;)


スポンサーサイト
[ 2006/10/27 23:00 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

43

Author:43
43のBlogへようこそ!

見たログ
Skype!

My status

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。