スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒーイン 8/26 岩田&林 

インタビュアー:放送席、放送席、およそ1か月ぶりの甲子園、勝利に導いてくれました投打のヒーローお二人です。岩田投手、林選手です!
(歓声&拍手)
まず岩田投手、久しぶりの甲子園でのマウンド、そしてこの大歓声、いかがですか?
岩田:え、投げててとても気持ち良いです。
(歓声&拍手)
イ:さて今日はベテランキャッチャー野口さんとはまずどんな事を確認しながら、ピッチング入って行ったんでしょうか?
岩:ま、この前の広島戦と同じ様に、え?、どんどん腕を振って、バッターと勝負して行こうていうはな、事を、ま、最初から、最初の回から、ちゃんとして行こうなっていう事を、言っていました。
(拍手)
イ:岩田さん、あの4回、そして7回、得点圏にランナーを背負いながら、いずれも凌ぎました。あーいった場面はどんな気持ちで、ピッチング続けてるんですか?
岩:も、責める気持ちしか持ってないんで、も、どんどん、行くしかないという、気持ちで投げました。
(拍手)
イ:あらためて、今日ゲーム前確認していた事、十分にマウンドで表せたんじゃないですか?
岩:スそうですね、ま、もうちょっと低めに、こう、集めレば、良いピッチング、もっと良いピッチングが出来たと思うんですけど、ま、でも今日は、良かったです。
(拍手)
イ:そんな中、お隣の林さんが放ってくれたツーランホームラン、心強かったんじゃないですか?
岩:とっても、おっきいホームランでした。
(歓声&拍手)(岩田と林、向き合って軽くニコッ)
イ:ではあらためまして打のヒーロー、林選手にお話しをお伺いしましょう。林選手です。
林:ありがとうございます。
イ:まずは林選手、その前に、4番の金本さんが1塁へ全力疾走で塁に出ました。何を思いながら打席に入りました?。
林:そうですね、まぁ?、金本さんが1塁ランナーで、え?、最低でも進塁打を打てる様に、え?、上たら、上から、叩こうと思って、うございました。ま、それが良い角度で、え、上がってくれました。ハイ。
(歓声&拍手)
イ:打った球と、それから感触、いかがだったんですか?
林:いや、もう?、打った瞬間ですね、ハイ、良かったです。
(歓声&拍手)
イ:林さん、この甲子園球場での1か月ぶりの試合、この甲子園でのホームラン、また、感慨深いものあるんじゃないですか?
林:そうですね、まぁ、こんな、大勢な、皆様の前で、え?、チームの、勝利、が、え?、勝利貢献出来て、良かったです。
(歓声&拍手)
イ:それと林さん、今日から、北京オリンピックに出場していたメンバーが合流して来ました。また、ここから戦うぞ、そう言ったムードも高まったんじゃないですか?
林:スそうですね、まぁ、これから連戦が続くんで、え?、一戦一戦大事に戦って行きたいと思ってます。ハイ。
(拍手)
イ:さてそれでは林さん、林さんから、これでターがースは5連勝、そして優勝へのマジックナンバーが1つ減って28となりました。(大歓声&拍手)さあ、林さん、ゴールへ向けてファンの皆さんに一言、まず林さんからお願いします。
林:え?、そうですね、さっきも言った様に、え?、連戦が続くんで、一戦一戦大事に、え~、頑張りますので、また応援戦をよろしくお願いします。
(歓声&拍手)
イ:さあ岩田さん、林さんからも話しありました。連戦が続く中、さあこれからゴールへ向けての本格的な戦いが始まります。岩田さんからファンの皆さんにお願いします。
岩:え、これから、連戦が続きますが、ま、みんな、チーム一丸となって頑張って行くんで、また応援のほう、よろしくお願いしま-す。
(歓声&拍手)
イ:今日のヒーローは投打のお二人、岩田投手と林選手でした。今一度大きな拍手をおおくり下さい!



オリジナルはこちら
スポンサーサイト
[ 2008/08/26 23:43 ] Tigers | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

43

Author:43
43のBlogへようこそ!

見たログ
Skype!

My status

QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。